2stおぢさんの日々 リローデット

バイクで死にかけた男の復活日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドキッ!おぢさんだらけの林道大会(中編)

注:はぢめてご覧の方は前編からご覧下さい。

すごーいハードな大名栗林道を無事に
走り終えたおぢさん達だが、

この後想像も絶する悲劇が待ち受ける・・・。




林道出口から走る事10分くらいのトコに怪しい入り口があります。
本来は人が登るのがやっとの登山道。
道は左右にあり、ココでは「1の坂」「2の坂」と名づけさせてもらいますだ。


で、これが「1の坂」車が入らないように柵がしてあります。
ビビリモード全開のT団員、偉そうな事言うクセに実はヘタレ男。
(コイツ、カメラ構えるといつもファインダーに入ってくるんだよなぁ。)
20060929220100.jpg

でもこれを見ると入りたくなるのが人間ってモンでしょ?
ココは以前にH分団長とチャレンジしました。
H氏は見事に制覇したのですが私はコケて危うく谷底に落ちかけて
断念した経緯があり、リベンジに燃えております。
絶対やってやる!ビビらんぞ!メラメラ・・・。


先陣を切るH分団長、ウチ等の中では一番の無茶男。
凍結路面コーナーを突っ込んでバリ伝の巨摩グンばりにガードレールを足で蹴って曲がる男。
カッコイイんだか、狂ってんだか・・・度胸はあります。
20060929221056.jpg


画像がボケてるから分らないとは思いますが
カナーリの斜面でつ・・・。
20060929221348.jpg

立ち往生してH氏に助けてもらう恥ずかしい男のT。
一度止まるともう駄目です・・・ニッチもサッチもでつ。
(どぉにもぉ~ブルドォック♪ ウッ!)
20060929221430.jpg

一度スタックはしましたが何とか第一関門は突破しました♪
ここからまだ先はありますが途中で道幅が細くなり遭難したくないので下山しました。
ビビリだって?私にも家庭がございますので・・・。
20060929224523.jpg


そして初体験の「2の坂」でつ。
こっちの方が難易度が高いとか?
そう言われるとイキたくなりますねぇ~♪
20060929225318.jpg

早速イカレポンチのH分団長(失礼)は行ってしまいました。

ヘタレTは
「え~行くんですかぁ~ヤバいっすよ。」


そんなアホを尻目に40まであと数年の男は魔の坂に飛び込むのであった。


しかしそこからが惨劇の始まりであった!

その惨状を教えよう!





私、ぬかるんだ入り口付近で「スタック→横転」・・・ゴロゴロ。




Tに助けられて(一人じゃあの斜面で起せません)一度スタート地点に戻る。



コケて泥だらけの私をあざ笑うようにTが挑戦。



私がハマった入り口のマディなコースをあろう事か突破・・・。




私、悔しくてまた挑戦。




また同じ辺でスタック→足を付く→ぬかるみで踏ん張りきかず→山側に単車倒れる・・・バタッ。




慌てて起す→起しすぎて谷側に倒れそうになる→それを懸命に支える。





耐え切れず谷側に倒してしまう・・・バタッ。





また慌てて起そうとする→谷側で足場が悪くなかなか持ち上がらない。





急にギアがニュートラに入ってそのまま2mなだれ落ちる・・・。









私、単車に轢かれてる・・・。








とにかく起そうと必死になる→踏ん張りが利かないので上半身で起そうとする。
体勢的には重量上げの上げる前の胸板にバーベル乗せて深呼吸している状態?






助けを呼ぼうと前を見ると10m先でTもコケている。
H氏はかなり先に行ってしまったようだ。






Tも私と同じような体勢でこらえている・・・。




その時交わした二人の会話。

私「Tちゃん た、助けて・・・。」



T「僕もコケてるんで無理です!」



私「ちょっとヤバいんだよ!オレ!」




T「すいません、僕もです。」




私「うわぁぁぁっ!グシャ!(倒れた音)」




T「うわぁぁぁぁっ!ガスッ!(倒れた音)」




私とT「うわぁぁぁっ!」






倒れそうな単車を必死に支える二人の中高年達。


その光景はまさに・・・地獄絵図





と、その時!




倒れてうごめいているおぢさん達にXLRのエンジン音とライトが・・・。



これで助かった・・・二人は安堵の表情を浮かべた。




この私達を見てH分団長が一言。




「オマエ等、何やってんの?」






そんなこんなで無事に助けてもらい、再々チャレンジ!
20060930000313.jpg

何とか今度は中腹まで登り切りました。
先に制覇したH氏によるとココから先、山頂に休憩場があるそうですがそこの10m前ぐらいが単車で行ける限界だそうです。





モチロン、行ってみました。





が、ありえない角度でフロントが木の根と岩に挟まり・・・。





どんがらがっしゃ~ん





・・・・ゴロゴロゴロゴロゴロ。




思いっきり谷側にハイサイド気味に投げ出され後ろにゴロゴロ転がりますた。(汗)







で、またH氏に助けられ何とか下山・・・。
帰りにせっかくなんで記念にパチリ♪
綺麗でしょ?もののけ姫がでてきそうな山道です。
20060930001742.jpg



下山して破損箇所のチェック。
破損は右ミラー曲がりとチェンジペダル曲がりだけですね。
20060930002332.jpg

しかしオフ車って丈夫ですね、TZRならこんだけコケたらボロボロでつ。




で、3人とも無事(?)に下山したもののあまりのハードさにその場に30分ヘタり込みました・・・。


あちこち痛いし、単車もドロドロでボロボロになったけど楽しい所でした。

皆さんも名栗にお越しの際に寄ってみるのも面白いですよ。

ただ、人もタマに登ってくるので気を付けて楽しんで下さい。

あと、登る前に入り口に祠があるんでお祈りしてから行きましょう。


さ、無事に恐怖のヒルクライムも終了しました。
ありがとう山の神様、ありがとうH分団長、ありがとうDT。
そしてT・・・特に言う事ナシ。

さっ♪ごはん♪ごはん♪
どこで食って帰るかなぁ・・・・。



長くなったからまた後編で・・・。








      次回予告
   「北斗の拳」のナレーションっぽくお読みください。



戦いを終え、愛する者の待つ地へ帰る残尿気味の中高年達。

だがその前に新たな試練が立ちはだかるのであった!






次回、「ドキッ!おぢさんだらけの林道大会」 後編

「秘技 これが普通盛りですけど?」

に残尿ビィィィムッ!



つづく・・・。
スポンサーサイト

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/09/30(土) 00:59:43|
  2. ツーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ドキッ!おぢさんだらけの林道大会(後編) | ホーム | ドキッ!おぢさんだらけの林道大会(前編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://smoker2st.blog75.fc2.com/tb.php/15-65534016
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おぢさん的つぶやき

鋭意制作ちう・・・

たぶんね・・・(汗)

これ押してぇ~ん♪

FC2ブログランキング♪

FC2ブログランキング

今日は何名様でしか?

こんなヤツ

hisa

Author:hisa
たぶん、元気です。

最近のお言葉

最近のおぢさん日記

最近のトラックバック

月別アーカイブ

お品書き

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

明日は晴れるかな?


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。